家族葬を希望しているけれど何かと不安がある?そんな初心者の方に基礎知識を教えます!

当サイトでは家族葬を希望しているけれど、何かと不安があるという初心者の方が知っておきたい基礎知識をご紹介しています。
家族だけで故人を見送りたいという希望に合わせながらも、納得の葬儀をするために役立つ可能性があります。
家族だけで葬儀をするのならば、基本的な流れから理解をしておくことがおすすめです。
もし費用のことが心配だというのなら、まずは平均相場をチェックしておくのが良いでしょう。
そうすれば希望に合うお葬式が出来る可能性が高まります。

家族葬を希望しているけれど何かと不安がある?そんな初心者の方に基礎知識を教えます!

葬儀をするなら家族葬を選ぼうと思っているけれど、初めてなので不安だという人もいるでしょう。
そのような場合にはまずは基礎知識から押さえておくと安心です。
家族葬は親しい身内だけでお別れをする葬儀です。
小規模でありながらも、通夜と告別式のどちらもするという特徴があります。
家族葬は葬儀会社によって様々なプランがあり、人数やオプションによって価格が変わってくることが多いです。
無宗教で行うこともありますが、僧侶を招いておこなうのが一般的です。

そもそも家族葬とはどんなタイプの葬儀を指すのか?

家族葬とは、近親者のみで営むタイプの葬儀の形式の一つです。
密葬と同じように、小さなホールや故人の自宅などを式場にして葬儀と火葬を行いますが、家族葬は火葬の終了を持って一連の儀式は完結し、本葬を行うことはありません。
比較的新しいタイプの形式ですが、会場使用料をはじめとした費用負担が抑えられる点、弔問客にあまり気を遣う必要がなく、ゆったりと落ち着いた気分でお別れができる点が大きなメリットです。
葬儀において最も費用負担が少なくなる形式は直葬です。
しかし、棺に入れた後は直接火葬場へ運んで火葬を行うため、お別れに立ち会えるのは故人の家族をはじめとしたごく少数に限られ、施設の性質上ゆっくりと最後のお別れができません。
家族葬では、儀式自体は一般葬とほぼ同じ流れですすんでいきます。
このため、少ない予算でもきちんとお別れの機会を設けたいと考えている人の間でニーズがあり、近年は家族葬専用の施設を所有する民間の葬儀社が増えてきています。

家族葬に参列できるのは家族だけ?その範囲はどこまで許される?

家族葬と聞くと参列できるのは家族だけと言う印象を持つことが多いのですが、実際には明確な取り決めはありません。
例えば家族同然に親交を深めていた人の場合、参列を希望される場合も多いものです。
実際には喪主を含めた親族が決定するものであるため、特に具体的な範囲は定まっていないのが実態です。
一般的に家族葬と言うと家族だけで行うと言うイメージを持つことが多いようですが、これは大々的な葬儀を行わないようにするためのものとなっており、様々な負担を周囲の人に与えたくないと言う理由であることが少なくありません。
一般的な葬儀の場合には様々な会社の付き合いで同僚や部下などが参列する恐れがあり、これが様々な問題を生んでしまうと言うケースも多いものです。
家族葬とすることで身内だけのものであることを強調し、周囲には負担をかけないようにすることや、故人や親族の意向で参列する人を選ぶことができると言うメリットもあるため、近年ではこの形で執り行われることが多くなっています。

家族葬にはこれだけのメリットがある!

近年注目を集めているのが家族葬です。
家族葬が注目されているのは通常の葬儀と比べてメリットがあるからであり、より時代に添った葬儀を行うことが可能になります。
家族葬のメリットは、事前の準備をしなくても良い、当日に参列者に対しての対応は必要ない、親しい人で行うので気兼ねなく最期の時をゆっくりと過ごすことができる、従来の形式にとらわれず自由な葬儀が可能、費用や時間を削減できるなどがあげられます。
一般的な葬儀であれば香典のやり取りがあり、会葬御礼品として即返しを用意しなくてはなりません。
ですが家族葬はすでに香典のやり取りはやめようと取り決められていることが多いので、このような準備はしなくても良いのです。
また自由に葬儀を行うことができる点も魅力な部分であり、思い出の品を展示する、在りし日の姿を上映する、皆で故人が好物だった食べ物を持ち寄るなど希望に添った葬儀にすることができます。
特定の宗教に属していない場合は僧侶に読経をしてもらう必要もありません。

家族葬のデメリットも事前に知っておけば安心!リスク回避に役立てよう!

葬儀のスタイルには様々な種類があり、多くの遺族の方はプランから葬式のスタイルを決める事になります。
昔から選ばれている種類には一般葬がありますが、より規模を縮小する事ができるプランに家族葬も人気があるのが特徴です。
一般葬と同じように通夜と告別式を行う事ができ、参列者自体を制限する事ができるのが大きな特徴でもあります。
遺族にとっては費用だけでなく大量的な面でも、負担を軽減する事が可能です。
ただしデメリットには家族葬を行ったにも関わらず、参列者の人数が増えてしまい小規模にならない可能性があります。
実際に最後の別れとして参列を希望する人が増える可能性も理解は出来ますが、リスクを回避するためには徹底して制限人数を決める事が大切です。
参列者は希望する人全てを受け入れるのではなく、参列出来る人を遺族側がしっかり厳正した上で決めてしまう事がポイントになります。
遺族側の意向や家族葬を行う理由も含めて、しっかり説明をすることで参列出来ない人への不満なども解消できより理想的な規模で葬式を行う事に繋がります。

家族葬に関する情報サイト
家族葬の基礎知識

当サイトでは家族葬を希望しているけれど、何かと不安があるという初心者の方が知っておきたい基礎知識をご紹介しています。家族だけで故人を見送りたいという希望に合わせながらも、納得の葬儀をするために役立つ可能性があります。家族だけで葬儀をするのならば、基本的な流れから理解をしておくことがおすすめです。もし費用のことが心配だというのなら、まずは平均相場をチェックしておくのが良いでしょう。そうすれば希望に合うお葬式が出来る可能性が高まります。

Search